fc2ブログ

大極殿音絵巻 1300年分、踊らせる!東京スカパラダイスオーケストラ 平城京ダンステリア 踊る、スカパラ大極殿!

カテゴリーをお芝居にしてしまいました。。。

先週から昨日にかけてはずっと帰りが遅く、食事もまともに…という心身ともにひどい状態でした。そういう状態を打破すべく、行ってまいりました!またまた遷都1300周年関連行事です!

タイトルを見てください。こんなに長いタイトルのイベントだとは思ってもいませんでした。

東京スカパラダイスオーケストラ

グループの名前は知っていましたが、曲はおろか、メンバーが何人いるのかさえ知りません。自分でも、そんな状態でよくわざわざチケットを買っていくなぁ、と思うのですが、以前よくライブに行く人からとっても楽しい、と聞いて以来ずっと気になっていたのです。そんな訳ですから、大極殿でライブだなんて知ってしまうと放っておくわけにはいきません!

昼間の暑さもどこかへ行き、心地よい風が吹き、メンバー曰く「月がウインクをしている」空の下、ライトアップされた大極殿をバックに特設ステージでライブが行われました。座席は・・・何と後ろから2列目でした同じ列には空席もありましたので、わざわざ慌ててイープラスで申し込まなくてもよかったのね、とちょっと残念でした。

開演!噂には聞いていましたが、1曲目から総立ちです。アップテンポな曲に合わせて皆揺れる揺れる!私はお芝居のカーテンコールでスタンディングオベーションという経験は何度もありましたが、音楽に合わせて踊るのは…正直恥ずかしかったのですが、ここはノラねば!と頑張りました荷物が多かったため、前の座席との間隔が狭くなってしまい、足元はまるで青竹踏みでもしているかのようにパイプ椅子のパイプに足を乗せたままで縦や横に揺れていたためかなり辛い姿勢ではあったのですが、次第に恥ずかしさも薄れていき、日ごろの運動不足を解消すべく音楽に合わせて身体を動かしていました。何せ曲を知らないものですから、腕をあげたり声を出したりするタイミングが全く分からず、周りを見ながら合わせていました。普段の私をご存じの方々は驚かれるかもしれませんね近くの席に激しく踊っている人もおり、そちらを見ているのも楽しかったです。時折休憩も兼ねて(?)目を瞑って立っていたのですが、音を身体で感じることができているような気がして、そういう聴き方もなかなか良かったです。2時間ほぼ立ちっぱなしで身体も動かしっぱなし!なかなかハードでしたが気持ちよかったです。メンバーの方々も、何もさえぎるものがない空間で思いっきり音を出して演奏する、というのは相当気分や気持ちがいいのではないかと思います。私はあまり「パワースポット」なる表現が好きではないのですが、はるか昔、私が立っている場所が日本の首都であり、政を執る人々がうごめいていたのだなぁ…足下にはまだ色々と眠っているかもしれないんだなぁ…なんてことを思うと頭がクラクラしそうな感じがしました。

アンコールを含めてあっという間の2時間。四神に囲まれた神聖な空間で貴重な時間を過ごすことができました。途中には生駒山の方角にあがっていた花火を見ることもでき嬉しかったです(何の行事が行われていたのでしょう?)。ライブの後はおしゃべりに花を咲かせながら久し振りにまともな食事を摂ることもでき、鬱屈した気分を多少なりとも晴らすことができました!




しかし、他の方の感想等を見ていますと「平城宮跡」を「平城京跡」と書いている方が多いですねぇ!とっても残念です。一文字の違いですが歴史に詳しくなくてもちょっと考えればわかることなのですけれどもね

よろしければ、ポチッとお願いします♪
スポンサーサイト



テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

プロフィール

◎WILL◎

Author:◎WILL◎
関西在住。フリーランスで英語の通訳と翻訳をしています。趣味は、資格取得、観劇、行ったことのない所に行くこと、食べ歩き、手作りです。最新の保有資格は2021年12月30日のエントリーに記載しています。英語関連の資格がたくさんありますが、留学経験・海外滞在経験はありません~。大学も法学部です。努力次第で何とかなるものです。よろしくお願いします♪

最新記事
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
Thank you for visiting my blog!
オンラインカウンター
Please enjoy my blog!
現在の閲覧者数:
☆おすすめ☆
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブログランキング♪

FC2Blog Ranking